医師・採用

理事長からのメッセージ

理事長・栗田裕文
仲間になる未来の情熱医師へ伝えたい、私たちの強い想い。

[ダイジェストビデオ]
上の映像にカーソルを重ねるとコントロールバーの出し入れができます。

医師の成長を促す、最良の環境。

院長有朋会栗田病院は、急性期病棟を有することからわかるように、精神科医療に携わる機関として、様々な疾患への質の高い対応が可能な病院です。患者様との深い関わりを通し、じっくりと経過を見極め、診療に臨めるため、精神科医として多くの経験を積むことができるのです。精神科医の道を進んできた私個人の感覚としても、とても重要な要素だと思います。各患者様の人間的背景にまで思慮を巡らし、診断、治療へ取り組むことは、ドクターとして何よりの経験のデータベースとなり、自らの知識として活用できるようになるのです。栗田病院は、1人の医師としての成長するための最良の環境だと、強い自負を持って断言できます。

理念に込められた、優しくも強い“心”に期待する願い。

「ホット・ハート&クール・マインド:思いやりのこころと、確かな医療知識・技術で、有朋会理念を実践すること」。栗田病院の医局方針です。患者様およびご家族の生活に深く関連する診断・治療行為は、医師として「どうすることが、ベストの医療になるのか」を冷静に見極め、行動しなければならない事柄には違いありません。しかし、そこには血の通った心の部分がなければ、それは患者様の気持ちを置き去りにした、ただの医療よがりになってしまうのです。専門職だからこその適切な判断と、患者様への思いやりを両立させ、初めてその人のための意味がある医療になるのだと、私たちは確信しています。

栗田病院で働く医師が持つ、ゆずれない共通項。

医師だけに限ったことではなく、栗田病院、ひいては有朋会の職員は、全て熱心でまじめな人材ばかりです。本当に心血を注いで、患者様のために頑張ってくれています。だからこそ、新しく入ってくる後進の人たちの道しるべとなって良い影響を与えてくれる。みんなが成長できる雰囲気が、栗田病院には満ちあふれているのです。先輩医師の働く姿からは、必ずや得るものが大きいはず。そして、若い人たちが活き活きと仕事に取り組む姿は、逆に私たちの強い支え、励みにもなっているのです。

共に情熱を燃やしたい、未来の仲間へ期待すること。

医師として一緒に働きたい仲間の条件は「人間に強い興味を持ち、精神疾患により深く関わり、専門職として自分を高めたい」との熱意を有する方です。自己研鑽の意欲があれば、成長するための環境は、私たちが用意しますから、安心して来てください。精神医療へ真摯に取り組むことで、地域に根ざした医師活動を行ないたいという“志”を、私たちは心からお待ちしています。

 

理事長プロフィール

院長栗田 裕文
1967年 茨城県生まれ
杏林大学出身
現在は妻と双子の娘2人、そして犬1匹の4人(5人?)家族で、水戸に在住。

これまでの臨床活動

医学部卒業後、研修医(レジデント)として筑波大学附属病院精神神経科に入局。大学病院での研修を経て、茨城県内の精神科病院(水海道厚生病院、県立友部病院等)に勤めた後、2002年より有朋会栗田病院に副院長として勤務。2003年より院長として、2013年からは理事長に就任。

医師・医療人としてのポリシー

何事も切磋琢磨が肝要。よりよい医療・介護サービスを提供していくにも、専門職や医療人として知識や技能を高めるにも、そして、自分自身の夢の実現のためにも、早道や抜け道はない。コツコツと、やるべきことを弛まずに積み重ねていくこと。それでしか物事は成し遂げられない。逆に言うと、コツコツと継続・蓄積することで、地力が鍛えられ、成長し、可能性が拡がり、結果として夢は叶う。院長としてもまだまだ力不足で、歯がゆい思いをすることも多いが、蓄積の生み出すパワーと、それによる有朋会と、自分も含めた有朋会スタッフの成長を確信し、今日も、コツコツと切磋琢磨を続ける。

指導医(先輩)としてのアドバイス

成長には、経験から学ぶ素直な心持ちが大切ですが、患者様・ご家族様からだけではなく、他のコメディカルのスタッフから学ぶことが沢山あると思います。

医師としての責任感・使命感は医師の業務の全うに必要不可欠ですが、それはへんに威張りちらすことを意味しているのではありません。

臨床の場や患者様とのかかわりでは、他のスタッフの方が先輩である点も数多くあります。素直な気持ちで現場に接して、学ぶべきことを吸収してほしいと思います。

当院での研修のPRポイント

当院の特徴の一つは、幅広い精神疾患について、その経過に縦断的に関わりを持てることです。入院の受入れは活発で、アクティブな症例についての急性期の対応や治療について学ぶ機会は多いです。

急性期の患者様は一定期間後に後方転送、ということはありませんので、回復の経過をじっくりと学んだり、回復後の在宅支援について経験を得ることが出来ます。

このページのトップへ