職員採用

薬剤師

部署員のつぶやき

 

薬剤師の働きについて

理事長からの期待

狭義の薬物療法ではなく、心理教育への参画、さらには「薬を飲むこと」に 対する患者様の想いまでにコミットできる広義な薬物療法を支える薬剤部、さら には地域発信もできる薬剤部であることを期待する。

 

薬剤部のミッション

「服薬する」ことに対しての患者様の真の想いを聴きだし、患者様ひとり一人に最も適した安全で効果的な薬物療法を提供することで、継続した治療を支え続けていく。

精神疾患の多くは慢性疾患であり、その治療は他の慢性疾患(例えば糖尿病、高血圧症など)と同じように服薬を継続することが大事です。薬物療法には抗精神病薬、抗うつ薬、抗不安薬などの向精神薬が用いられますが、これらの薬剤による副作用は決して少なくありません。そのため、精神疾患を患った方が継続した服薬を実現するのは簡単ではありません。

薬剤師の本領を発揮

患者さんは得体の知らない物質(薬剤)や今まで経験した副作用から、服薬に対して『不安』を抱きます。当法人における私たち薬剤部の役割は、患者さんの抱える想いにコミットすることによって薬物療法を支えることです。

 

スタッフの声

他業種からの転職だったこともあり不安を抱えての入職でしたが、薬剤部内だけでなく他部署のスタッフからも温かく迎えていただいたおかげで仕事にも慣れることができました。

通常の調剤や薬剤管理指導だけではなく、精神科ならではの患者教育など他職種と連携しての業務もたくさんあり、やりがいを感じています。また、日本病院薬剤師会の専門薬剤師制度などスキルアップも可能です。私たちと一緒に働いてみませんか?

薬剤師 中田 智雄
薬剤師 中田 智雄

 

薬剤部の業務
実績

 

 


 

このページのトップへ